1995年4月開校以来多くのデザイナー、アーティストを育てて来ました。 就職率の高さを誇るスクール。
完全予約制個人レッスン。『アート・スクール セナハウス(デザインスクール セナハウス)』
大阪・京都
京都府職業訓練委託事業所(スクール)
Tutti Casa

(NPO法人 フラワー・サイコロジー協会)連携機関




デザインスクール セナハウス
open 10:00 close 22:00
京都市右京区山ノ内宮脇町15−1
京都装飾ビル 608
資料請求はこちら

デザイン教育とは。
日本には、多くの歴史遺産があります。
美術、陶芸、書をはじめこれまで多くの作家が残してくれました。彼らの残した芸術は、昨今、あらゆる美術館、寺院で観ることができます。
そうして観ることで感動を覚えます。
では、なぜ感動するのでしょうか?
葛飾北斎は、人生でいうと晩年開花し、92歳で生涯を閉じるまで創作活動を続けました。
現在、短期間でプロの道にだとか、通信で学べるといったスクールが氾濫しています。
そのようなスクールで学んで何が得られるのでしょうか。
デザインも美術の分類です。パソコンでデザインができたというのは、オペレーション技術を学んだだけで、美術の本来の学びが足りていません。
ですから、デザイナーになれたとしても短命に終わるまたは、パソコンオペレーターのデザイナーは、体力的、神経的の苦しい、いわゆる3Kの仕事にしか就けないのです。
セナハウスのデザイン講座は、パソコンで仕上げるのではなく、美術デザインとして「手描きデザイン」を初心者に対しマンツーマン(個人レッスン)で指導をしています。
美として輝くデザイン、本来のデザインを日本の文化芸術を通して学んでください。
それが先人が憧れた「デザイナー」のスタイルです。
パソコンだけをデザインを学びに来られる方はお断りしています。

詳しくは電話、メールでお問い合わせください。
デザインスクール セナハウスは子どもから大人、高齢者の方、障がいのある方でも受講できます。
全くの初心者対象です。お気軽にお問い合わせください。就労・自立支援も行っています。


デザインスクール セナハウスの受講料は、この内容でどうして、こんなに安いのですか?とか、安いからきちんと授業をしてないんでは?などなど言われます。
でも、その理由1つは、広告を出してないから。広告にかかる費用は、デザイン制作会社を「していますのでその高額なことをよく知っているから出さないです。
2つ目は、安い分交通費に使ってくださいと言っています。遠くから来て勉強をしても、それだけの価値があるからです。
実際、宮城県、島根県、愛媛県、東京、神奈川、富山県と遠くから来ていただいています。

 







京都府職業訓練委託スクールとして認められました。

5月のゴールデンウイーク中も無料体験レッスンは開講をしています。


セナハウスのデザイン講座から。
この日は、親子のレッスンからスタートし、全部で4組。
パソコンでPhotoshopで組むデザイン、イメージトレーニング、デッサン、コラージュといろいろ。
セナハウスのデザイン講座は、個人レッスンですから、カリキュラムの進捗も希望に合わせてします。
ただ基本ベースは、手描きです。
手描きデザインができることで観るチカラがつきます。観るチカラがつくことで美しいものを美しいという判断ができます。
そうして美しいものを多く観ることでそれが素質になり、創造力につながります。
パソコンがなくてもデザインが描ける。
この技術は、素晴らしいです。
これを1996年から続けています。
そして、多くのデザイナーを排出してきました。
自分でいうのは、おかしいですけどよく頑張ったなー。
これからも、もっともっとクオリティの高いスクール生を育てて行きます。

セナハウスのデザイン講座から。
この日は、コラージュとイメージトレーニング。
コラージュは、選ばれた素材(チラシ)がとても良いです。その素材をそのまま使うでなく、自分なりに工夫をされ加工されました。
そうすることで予想外のスタイルになり、それらを構成することで素敵な作品に仕上がりました。デザインをするとは、より良い素材を見つけ、その素材を自分の意図することに対し手を加える。
後は構成するチカラで、まさに創造の世界です。
この創造は、描くという経験が齎され、気づきに繋がると考えます。
その描くという課題であり、練習であるイメージトレーニング。
この日の仕上がりは、素晴らしいです。
真っ黒に塗りつぶしているように感じられるかもしれませんが、これは、一本一本の髪の毛より細い線の集合です。
いわゆるカンデンスキーの点、線、面です。

今後もこのようなクオリティ高い作品が生まれるよう、いい授業をしていきます。

セナハウスのデザイン講座から。
この日は、3人のレッスン(個人レッスン)でこの日が初めてのデッサンの方、通われて2日目の方、自分のデザインの仕事を持ち込みで指導を受けた方とそれぞれです。
セナハウスに通われている方は、ほとんどが全くの初心者ですが、少数の現役デザイナーもいます。
なぜ、現役デザイナーが来られているかというと手描きができないという理由です。
仕事でパソコンを使いデザインをしているが、行き詰りを感じてや生涯デザイナーとして活躍したいからといったことです。
若い間は、パソコンでデザインをしていて楽しさを知ったが、年齢とともにパソコンが重荷に感じるようになったからということで、セナハウスで手描きデザインを学んでいらっしゃいます。
一つの色がこんなに美しいと感じたり、線を引くことでこれまでにない気づきが生まれます。
手描きでデザインを描く。
決して古い勉強ではなく、これからも必要不可欠な勉強です。

セナハウスのデザイン講座から。
この3つのデザインの求めるものは同じです。
見せ方の問題です。
全部塗りつぶしたのが当初できたデザイン。
そこであるアドバイスを入れたところ白い帯が生まれました。この時点で塗りつぶしたものより余裕をもって観ることができるようになりました。
それは、塗りつぶしてあると窮屈なイメージになるからです。
その白い帯を入れたのですがまだ物足りなさを感じた僕は、さらにアドバイスをしました。
そうして仕上がったのは、白場の多い作品です。
いかがですか?
とても爽やかさが出て、デザインも伸びやかになりました。
その上、各使用されている色がハッキリ明確になりました。
必ずしもこれが最終形とは言えませんが、色、形が見やすくスッキリしているものは、印象に残ります。
印象に残るということは、訴求力が上がり良いイメージが持てます。
イメージがよくなると販促につながりモノがよく売れます。
企業でしたらいい人材が集まります。
これが我々グラフィックデザイナーの仕事です。
さて、どのようなアドバイスをしたことによってこのように変化したのでしょう?
それは、美術、デザインの教員をして長年の経験をもつ、ロクちゃんマジックです(笑)
今日は、この後幼年美術論の研究です。


卒業就職された方のデザイン作品(一部)。
パンフレットの表紙
撮影、イラスト、原稿すべて受講生が創りました。

ポスターデザイン
水彩で仕上げました。(高槻市展で賞を受賞)


デザイン講座。

初めてコラージュ。
コラージュは、受講生に美しいと思えるものを街中で集め、
その素材を活かし芸術作品を仕上げるもの、
創造的思考力が必要とされ、活用できる課題です。

そのためには創造する技法に対し幅広いアートに対する知識が必要とされ、その上、新たな考え方に対し柔軟でアートに対する敏感な反応をしなければならないと考えています。そして革新的なアイデアがミックスされることで、これまで感じなかった思考が生まれ作品に反映されます。
そのような創造的思考ができるために受講生と受容性、柔軟で豊かな雰囲気作り、そして会話のやり取りが重要だと思い実行しています。
このコラージュ課題によって創造力、クオリティの高い目を持っていただける勉強になればと思っています。

この方法は、コラージュだけでなく、認知症高齢者、子ども、障がいのある方への美術を通しての活動に発揮できると考えいます。

今日は、このレッスン以外にイメージトレーニング、フォトショップ実習もしました。

あらゆる年齢の方に美術デザインを指導し、自分自身も美術館や博物館で絵を観ることで勉強をし、そして大学から本の執筆と論文を書くこと要請される目まぐるしい日々を送っていると、これまで感じなかったこと、視えてなかったことがいっぱいあることを自覚しました。

海北友松は60代になってもそれまで以上に活躍の場を広げている。まだ、60代ではないけどまだまだ勉強、そして頑張らねばならないと自問自答を繰り返し前に進んで行きます。

デザイン講座。
今日のデザイン講座。
今日は、生まれて初じめてのデッサン。
まずは、モチーフになるもののカタチ、そして影を観ることから。
そうして描いて行く上で影にも濃淡があることや白いところの変化などいろいろなことに取り組みます。
でも、初めての方には、それらをいきなり要求しても難しいので観ることから少しずつ。
なぜそこまでしてデッサンをしなければいけないのか?
まず、デッサンすることで写真撮影が上手くなります。
そして何よりもモノを観るチカラがつきます。
モノを観るチカラ、すなわちデザインを描く上で必ず必要とされている素質につながります。
一緒に勉強をしてみませんか?

デザイン講座。
今日で最終回になった方の講座でした。
この方は、転職、就職が希望ではなく、普段、勤め先の会 社案内や、商品カタログなどを制作されて
いらっしゃるの ですが、もっとクオリティを上げたいということで学びに 来られました。
合計30回の講座は、おおよそ10ヶ月に及びましたがご 本人は、大変満足な講座でしたと喜んで
いただけました。
この講座を受ける前までは、イラストレーターとフォトシ ョップに委ねたデザインだったのが、ここで学んだデッサ ン、色彩構成、手描きによるデザイン作成は、かなり衝撃 的だったそうで、その経験からデザインに対する考え方も 変わり、観る眼も育ったと言っていただけました。
その観る眼が育つというのは、僕のデザイン講座の狙いで すのでそう言っていただけるのは、僕 も満足です。
そして、この方、色にこだわりをもたれ、源氏物語絵巻の 色を再現したり、そこから新たな色を作りもされまし た。とても素晴らしいです。
講座は、終わりましたが、また、時々勉強しに来ますと言 って帰られました。
このようなスタイルで終わりを迎えるのは、とても感激で す。
これからも誰もが喜んでいただけるデザイン、美術講座を 続けていきます。

商品企画からネーミング、ロゴデザイン、パッケージデザイン、商品撮影、プランニングから販促全般企画までの実践。

ロゴ制作実習


■無料体験レッスンおよびお問い合わせはメールまたは電話090−9981−3723までご連絡ください。

デザインスクール セナハウスは個人レッスンのため多くの入学ができません。
そのあたりご了承ください。


デザインスクール セナハウスはデザイン工房 セナハウスが運営するアート、デザインに特化したスクールです。またNPO法人 フラワー・サイコロジー協会と連携事業をしています。


〒615-0092
京都府京都市右京区山ノ内宮脇町15-1
京都装飾ビル608
NPO法人フラワー・サイコロジー協会
デザインスクール セナハウス
お問い合わせ電話番号TEL090−9981−3723
(非通知ではつながりませのでご了承ください)
Mobile.090-9981-3723
E-mail:sennahouse@gmail.com
電話は、朝9時から夜12時まで受付しています。
詳しい資料請求はメールにてご連絡ください、
メールは24時間受付しています。





 


無料カウンター
Copyrights (c) 2015 sennahouse. All rights reserved.
11